中国の正月が近いので、バンコクの街では、色々な正月の飾りつけや、正月のための商品を見かけます。

今年の中国正月はバレンタインデーと重なるので、デーパートでは、力を入れているみたいです。
中国系のタイの人がバンコクにも多くいるので、赤い中国ぽい飾りや、お供え物?などを見かけます。
今年はタイの政情不安の高まりを反映して伝統的な赤でなくピンクの服装着用を呼びかける動きがあるそうです。これは、プミポン国王陛下がピンクを好まれていることもあり、「陛下の早期回復・退院を願う」意味もあるそうです。

メインメニュー

タイの生活一覧

携帯サイト